格安航空会社も運行!身近になった東南アジアへの旅費

東南アジアへはLCCが就航し、格安料金で旅行ができるようになりました。東南アジアで最も人気があるのは、やはりタイのバンコクやタイ国内にある有名ビーチリゾートです。国内旅行をするのと左程変わらない旅費で海外に行けてしまうので、海外旅行に出かける人は以前よりも急増しているのです。航空チケットにかかる料金を抑えつつ、現地では思いっきり贅沢をしようという考えの人も少なくないようで、人気ホテルの予約も満室になる傾向が強くなってきているのです。バンコク行きのLCCは人気の高い便であることもあり、日本朝発なので、お昼ごろには現地に到着しています。また、帰りの便は深夜発ということもあって現地で思い切り楽しんだあとは、飛行機内でぐっすり休んで早朝に日本に到着するというスタイルとなっているのです。

人気が高いことから、格安で確実に搭乗するためには早めの予約が鍵を握ります。タイの他にはフィリピンのセブ島、そして大人気のインドネシアのバリ島へもLCCを利用して旅行に出かけることができるようになったことは大変喜ばしいことです。東南アジアは世界的にも美しい海が多く、ビーチリゾートとしても知られていることから、世界各国から観光客が集まってきます。日本は地理的にも答案アジア諸国からそれほど遠いところにはないことから、LCCを使って休日に気軽に海外へと旅行に出かけることができるようになりました。格安航空会社のおかげでかなり便利になったのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする